2014年11月25日

『ダイヤかチョウか』紹介ページ

ゲームマーケット2014秋【C01-02 / eggplant】にて発表いたしました『ダイヤかチョウか』の紹介ページです。

童心をくすぐる手品のようなギミックに驚きの声をいただいている作品ですが、宝石を賭けた心理戦、秘密結社という世界観に基づく美しいコンポーネントに大人のゲームとの評価もいただいています。

子どもは少し背伸びして、大人は童心に返り、幅広い年代にお楽しみいただけるゲームを目指しました。

スクリーンショット 2014-11-13 10.28.23.png

【名称】ダイヤかチョウか

【対象年齢 / 人数 / 所要時間】8才〜大人向け / 2〜4人用 / 30分程度

【作者】ナスケン イチロー

【内容物】説明書 / チョウ / 二つ折りカード×4 / 封筒×4 / ダイヤ早見カード×4 / 巾着袋 / ダイヤ×36

【物語】持つ者から奪い、持たざるものに与える…秘密結社「AGEHA」。狙いを定めたお宝に生命を吹き込み、その生命は自らの意思で金の亡者の元を去る。例えば、ダイヤはチョウに生まれ変わり、花を求めて羽ばたいていく。
 今日はメンバー同士でその技を競い合いお宝を配分するランキング戦。あなたは他のメンバーの目を欺くことができるのか。そして他のメンバーの技を見抜くことができるかのか。ダイヤかチョウか、それが問題だ。

【ゲームの概要】あなたは秘密結社「AGEHA」の一員となり、他のメンバーとダイヤの配分を競います。
 目の前に置かれた人数分のダイヤは、色によって数と価値が異なります。一人が仕掛人となり、他のメンバーが視覚を閉ざして待つ間、ダイヤの一つをチョウに変える仕掛けを施します。
 仕掛けが終わったら順にダイヤを選び、最後に残ったダイヤは仕掛人へ。ダイヤがチョウになるか/ならないかの仕掛けを全員一斉に確認すると、一つだけチョウが羽ばたいて飛び出します。チョウを引き当てたメンバーはダイヤをもらえません。
 これを繰り返し、一番多くの色のダイヤを集めた人が勝者となります。





posted by ezomomonga at 12:59| Comment(0) | ダイヤかチョウか | 更新情報をチェックする